【マカオ】フィッシャーマンズ・ワーフにあるバビロンカジノ

 

マカオは色々なところにホテルを見かけることができますが、その中の一つであるバビロンカジノはフィッシャーマンズ・ワーフ内に点在しています。

 

 

 

中規模のカジノがありますが、買い物や食事などをマカオでじっくりと楽しんできた後で宿泊すると、気持よく疲れを癒していくことができるでしょう。

バビロンが所有しているカジノは、イメージとしてまるでアラブの古代アッシリア王国のような雰囲気で、中に入ってみると神秘的な光景を目撃することができるでしょう。

 

 

 

 

実際にバビロンカジノはマカオで最初のブティックカジノとなっており、非常にカジュアル感を持っているのがわかります。
バビロンのホテルやカジノというのは海岸沿いにありますが、その周辺を見ていくとフィッシャーマンズ・ワーフというテーマパークを見つけることができます。

 

 

 

 

大型のテーマパークとなっていますが、買い物をしたり食事をする際に訪れると楽しむことができるでしょう。

フィッシャーマンズ・ワーフの外観を見ていくと、グリーンやゴールドがメインとなっており、バビロンのカジノと同じように貴族風の色合いを見せています。

 

 

 

 

円形となっているため周囲を見やすくなっており、フィッシャーマンズ・ワーフに団体で行こうとする時にも安心することができます。

 

 

そしてバビロンのカジノについて見ていくと、こちらも中へ入って行くとアラブの貴族のような風合いになっています。

カジノの中が非常に見渡しやすくなっていますので、誰がどこにいるのか判別することもできるでしょう。

 

 

 

 

 

バビロンカジノで楽しめる内容を見ていくと、ゲーミングテーブルではバカラやルーレット、ブラックジャックなどを楽しむことができ、スロットマシンも多くなっています。

しかし他のマカオにあるカジノと一線を画しているのが、観光客で多くなっているカジノではないということです。

 

 

 

 

じっくりとマカオでカジノを楽しんでみたいという人が多くなっています。

交通アクセスもよく、フェリーターミナルやボーダーゲートそしてファラオ・カジノから無料のシャトルバスも運行しています。

 

 

 

 

所要時間も10分以内となっており、すぐにバビロンへ訪れることができるでしょう。

フェリーターミナルからは左折すると大通りにぶつかります。

 

 

 

 

するとフィッシャーマンズ・ワーフになりますので、中へ入っていけば到着します。

そんなバビロン周辺の夜を見ていくと、様々な建造物が綺麗なライトアップをしています。

優雅な気持ちで静かな環境でバビロンで過ごしていくことができます。

 

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



【フィリピン】パンパシフィックホテルマニラの魅力


パン パシフィック ホテル マニラ
(トリップアドバイザー)

 

 

燃えるような赤でもバラ色のような中でもピンク色のような赤でもありません。

どちらかというと、レンガ仕立てのような美しい赤を彩っているのがこのホテルであるパン パシフィックホテル マニラなのです。

 

 

 

このような赤で統一されたホテルは世界中探してもそれほど多くはなく、むしろこの赤を基調として作られたホテルを、仮に空港からタクシーの運転手さんに告げた場合でも、すぐにここへ連れてきてくれるでしょう。

 

 

 

それほどインパクトの強い赤がシンボルマークとなっているのがパンパシフィックホテルマニラなのです。

 
その外観とはうって変わって、普通のホテルのロビーのように入りやすい雰囲気があります。

ですので、VIPの方々やハイローラーといった方々が利用するような入りにくいホテルというよりも、家族連れでも十分楽しむことができると言った、とても過ごしやすい感じとなっています。

 

 

 

ですので、フィリピンに遊びに来たついでにカジノをやっていてもいいですし、カジノをやる目的でここにきたとしても、その後ゆっくりと観光を楽しんで帰ると言う考え方もできるような一挙両得とはまさにこのホテルのためにあるような感じがします。

 

 

 
ホテルの雰囲気とがらりと変わって、カジノはやはり派手に統一されています。

カジノに入った時に輝いているところをみて、「カジノにきたのだな」とここでONとOFFが切り替わるのは間違いありません。

 

 

 

さぁこれからカジノを楽しんでやろうという気持ちが一気に高まる瞬間ですね。

 

 

ただどちらかというとここは派手に統一されたカジノの場所といっているのですが、ラスベガスやマカオといったイメージでここにくると、もしかしたら合わないかもしれません。

 

 

 

なぜならばここは中流階級の人たちがするようなカジノですので、大富豪がここで遊ぶといった感覚はないので注意が必要です。

 

 

 

いつもと違った感じでゲームを楽しみたいならば、このホテルはうってつけかもしれませんね。

ホテル自身も気軽に泊まることができ、なかでの宿泊も敷居が高い感覚がなく、一般的に普通の家族がとまることができると思ってもらって結構です。

 

 

フィリピンを知りたい、カジノも楽しみたいから家族と一緒に行きたい、そういう願いを全て叶えてくれるのが、このパンパシフィックホテルマニラなのかもしれません。