韓国って移住できるの? ビザは?

日本人が韓国に旅行に行く際はビザはいりません。

90日以内ならパスポートだけでいいのです。

韓国が気軽に旅行できるひとつの理由です。

しかし、それを超えるとビザが必要です。

 

留学などの学生さんや、働きながら観光をするワーキングホリデーなどが多いようです。

学生さんが韓国でアルバイトをしながら韓国を回るという話ですね。

カジノ巡りではないことは確かでしょう。

仕事などで韓国に駐在する人は就労ビザが必要です。

 

 

一時期ほどの勢いはないようですが、韓国と日本の貿易上のつながりは相当な規模です。

知人が電子機器会社を経営していますが、駐在員を韓国に常駐させているようで、

自分も毎週のように韓国に行っているようです。

羨ましいような気がしますが、遊びではないので大変なようです。

 

韓国の方と結婚した場合でも3年間の結婚ビザが必要になるみたいです。

結婚したから無条件で滞在できるというわけではないんですね。

 

 

ただ、韓国に移住することはあまりオススメできません。

カジノで遊ぶのであれば韓国はいい国だと思いますが、文化は日本と違います。

隣近所の絆が強いと言われていますが、裏を返せばよそ者を排除しているのです。

 

しかも、反日感情の強い国です。

観光客として韓国に行くのであれば、日本人と韓国人は見分けがつきません。

 

それに、観光客が出歩く場所は限られています。

しかし、その範囲内から外に出ると「珍客」として見られます。

 

一時期韓流スター人気の影響で韓国旅行者が増加したようです。

ロケ地は大変な賑わいだったようですが、田舎が多いので対応はマチマチだったようです。

 

人柄のいい人が多い地域は、わざわざ日本から来てくれた人を歓迎してくれたようです。

山道を歩いていたら、飲み物をくれたという話も聞きます。

しかし、全く正反対の対応もあったようです。

 

 

富裕層の移住を歓迎している国であれば、そのような方のビザを準備しています。

韓国にはそのようなビザがありません。

国として移住者を歓迎しているかどうかは、そのようなことでわかるものなのです。