シンガポールでタクシーを便利に使う方法

grab

シンガポールでは移動するのにタクシーをよく使います。
タクシーのアプリも大変充実しており、新しいサービスも色々と登場してタクシー業界を賑わせたり、困らせたりしています。
例えば、私の使っているGrab Taxiという携帯アプリ(ソフトバンク出資)は、ピックアップポイントとドロップオフポイントを入力してタクシーを呼ぶと、
「タクシーの番号、運転手の顔、電話番号、何分位でつきます。」

という情報が入り、直ぐにやってきます。

 

 

10分以上待たされることはまずありませんが、雨の日や時間帯によっては捕まりにくい場合もあります。
ここ最近注目されている新しいサービスは、一般の人でもタクシーアプリに登録して自分の車を使いタクシーとして客を乗せるサービスです。

 
プロモーションコードで更に値引きされることも多々ありお得感があるのですが、通常のタクシー会社からはクレームが出ているそうです。

 

 

 

乗車方法としては、タクシースタンドで並んで乗車を待つ、もしくは流しのタクシーを捕まえるのが一般的です。
列が長く急いでいる場合には電話やアプリでタクシー呼ぶことも出来ます。
緑でTAXIと表示されている時は乗車可能なタクシー、HIREDまたはBUSYと赤く表示されている場合は誰かが乗車中というサイン。

 

 
またON CALLと赤で表示されている場合には、迎車途中というサインで乗れません。

 

時折タクシースタンドで並んでいる時に行先を告げると「そこは行かない」と乗車拒否される場合があります。
これは大抵シフトチェンジ(勤務交代時間)で緑でSHIFTと表示してあります。

 
タクシー会社に戻るのでその途中の場所なら行けるという場合です。
シフトチェンジは夕方の4時から6時の間に多いので夕方5時ごろタクシーに乗りたい場合には要注意です。
6時からタクシー料金が25%増しになる為、5時ごろは流しのタクシーの台数がグンと減ります。

 

 

 

その他に注意することは、なるべく50ドル札以下のお金を所持しておくことです。
私も何度か50ドルしか手持ちに無く、ドライバーもお釣りを持っておらず近くのお店に両替に走ったりと苦労した覚えがあります。

 
クレジットカードが使えるタクシーもありますが、手数料を取られるようです。

ちなみにシンガポールの東に位置するチャンギ空港から西の端まで走っても3500円程あれば行けてしまいます。
日本に比べて随分安いので観光の際は効率的に使いましょう。運転はかなり荒い人も多いですけどね。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



ファーストクラスやビジネスクラスの優越感

カジノ旅行だけですでに100回以上は飛行機を利用してきたわけで、気分が良い時やカジノで勝った時はご褒美感覚でファーストクラスを利用します。

 

 

 

昔はビジネスクラスなど夢の話でファーストクラスなど世界には存在していませんでした。

私も仕事を頑張ってきた今ではファーストシートにも普通に乗ることが出来ています。

これを読んでいる皆さんも中にも私みたいな方がいるかもしれませんね。

 

 

 

 

ビジネスクラスも便利ですし、優越感もありますし、もうエコノミーには乗れなくなります。

航空会社によってはもちろん揃ってないものがありますし、CAの質にも差がありますが、飛行機はビジネスクラスでさえあれば十分なのです。

 

 

 
まずあのシートが良いですよね。

あの幅広のゆったり感があるから良いのです。

ファーストクラスの自分の部屋のベッドより良い様な感触とまでは行かずとも、ほとんどの会社のビジネスシートには安心感があります。

リクライングはビジネスシートの象徴ですしね。

 

 

 

 

10年前では考えられなかった様な空の上でのWi-Fiサービスも魅力ですよね。

あのネット接続のおかげで暇つぶしをかねた仕事もできたか。

 

 

 

 

機内食も私のビジネスクラスにおいて好きなものの一つになります。

コース料理を空の上で食べられるなんて学生の頃は思いつきもしませんでしたよ。

いつも搭乗を迎えてくれるウェルカムシャンパンもなければならない存在です。

 

 

 

 

 

CAさんが着いてくれるのも嬉しいですよね。

私なんて酒の会話に付き合って欲しくて暇そうなCAさんと話そうとするぐらいなので下らないですが、より空の旅を有意義なものにしてくれる素晴らしい人達だと私は思っています。

きっと現役を引退する時まで飛行機の利用は止まらないだろうな~って思います。