どこに行っても楽しいシンガポール

私同様にカジノ好きの社長さんがいます。

家族でシンガポールに行くことが多いようですが、行動パターンは私と違います。

 

 

私は、基本的に彼女と同行しています。

オーチャードに行きたいと言えば一緒に行きます。

エステも二人で受けるのです。

 

 

 

そして、カジノも二人で行きます。

マリーナベイ・サンズでは、パイザ会員になっています。

 

 

ホテルから直接カジノに入れるので慌ただしさがありません。

彼女もVIP気取りで入れますからご機嫌です。

 

 

 

高級感溢れる個室でのプレイはカジノの醍醐味ではないでしょうか。

でも、家族連れの友達は、家族と別行動です。

 

 

 

社長がカジノで遊んでいる間に、家族はオーチャードで買い物三昧のようです。

そして、部屋に戻ると商売をするんじゃないかと思えるほどの荷物があるそうです。

 

 

 

家族は勝手に遊んでいるので、自分がカジノにのめり込んでいても文句を言われないようです。

シンガポールは、カジノがなくても遊ぶ場所はいっぱいです。

 

 

 

一度試してみたいのがシンガポールフライヤーです。

ただの観覧車じゃないかと言われそうですが、シンガポールを一望できます。

 

 

 

マリーナベイ・サンズからならもっと高い位置から見えます。

でも、観覧車の雰囲気って他では味わえないワクワク感があります。

 

 

 

彼女と二人での旅行ならおススメです。

オーチャードの買い物だけではなく、セントーサ島に行けば1年中常夏リゾートです。

 

セントーサ島は何度も行ったから飽きた人もいるかもしれません。

 

 

 

それならインドネシアのビンタン島がいいかもしれません。

セントーサに飽きたら、対岸のジョホールバルも人気があります。

 

 

 

国境を越えてマレーシアに行くわけですが、シンガポールとは違う「田舎感」があります。

アジアンチック満載の町並みが広がっています。

彼女がたまに行きたがります。

 

 

タクシーで行きますが、タクシーの中で出国手続きができるのはサービス満点ですね。

何かと人工的なものが多いシンガポールとは違う「生のアジア」を感じることができます。

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。











【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
海外口座のecoPaysを作っておきます。ベラジョンカジノからUSD(米ドル)をecopayzに送ればJPY(日本円)に変換できるので、そこから日本の銀行宛てに送金でOKです。

だいたい3営業日くらいで送られてきます。




【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 ただし、決済するためのecoPaysなどは必要になります。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる



頭で勝てるポーカー

ポーカーといえばトランプゲームの王様、簡単に言えば、配られた5枚のトランプの絵柄を揃えて役を作り、

プレイヤーがその役の強弱を競うというゲームです。

 

運の要素よりも頭脳戦で勝てるタイプのゲームで、私は単純なバカラのほうが好きですが(笑)

 

本場のカジノでは胴元が有利とされているブラックジャックや、

全て運任せとされているスロットなどに比べ「勝てるギャンブル」としてその人気は若い世代を中心に世界に広がってます。

 

弱い役順に並べると、

ワンペア(同一数字×2枚)

ツーペア(同一数字が2組)

スリーカード(同一数字が3枚)

ストレート(5枚の数字が連番)

フラッシュ(5枚の絵柄が同一)

フルハウス(ワンペア + スリーカード)

フォーカード(同一数字が4枚)

ストレートフラッシュ(ストレート + フラッシュ)

ロイヤルストレートフラッシュ(同じ絵柄で,10・j・Q・K・Aの数字)

などこのあたりが役の構成となります。

 

 

また、ポーカーにはカードの数字そのものにも強弱があり、

2<3<4<5<6<7<8<9<10<J<Q<K<A

という順、つまりは,2が最弱、Aが最強という構成です。

 

ゲームの勝ち負けは、上記に書いた役の強い方が勝ちになりますが、同じ役同士の際には

役を構成しているカードを上記に書いたカードの数字そのものの強さで比較をすることになります。

 

つまり、同じワンペア同士なら、「2」のワンペアよりも「A」のワンペアの方が勝ちとなるわけです。

ポーカーは胴元に対するというよりも、むしろのプレイヤー同士が競い合うゲームとなるので、

初心者にも手ごろなゲーム感覚で楽しめますが、ポーカーの本質はあくまで完璧な頭脳ゲームであり極端な心理戦なのでご注意を。

 

 

世界では多種多様なゲームにおける世界大会が開催されてますが、

比較的ミドル~シニア層が手厚いとされているギャンブル界において、

このポーカーについては不思議と20代そこそこの若いプレイヤーが賞金1億円を稼ぐなど

圧倒的な強さを誇っているのです。