『スロット動画』オンラインカジノで900万円の出玉

オンラインカジノのスロット『ファンタスティックフォー』です。

こういう映画がモチーフのスロットは多いです。

 

 

地球図柄が3つ止まればフリースピンです。

1:30あたりで揃ってます。

$2000スタートで、$2700に増えてます

 

 

 

次は、超大量獲得のスロット動画です。

オンラインカジノの『グラディエーター』で9万ドルの大当たりです。

900万円の出玉なので、これはなかなかですね。

 

 

 

まず、2:05あたりでフリースピンが当たります。

3つの図柄がリールのどこかに止まれば良いというのは、オンラインカジノのスロットではよくあるタイプです。

その後の演出が機種によって変わってきます。

 

 

グラディエーターは25ライン機で、K図柄がワイルドカード(何でもOK)になってますね。

 

 

フリースピンに入ると、毎ゲーム何かしら高確率で当たりになります。

そのときにまたフリースピンを引き続けられれば上乗せしていくので、いつまでもボーナスが終わらない感覚にすらなります。

 

 

 





日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。臨場感あるライブカジノだけでもすでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して選びました。

 ミスターSお勧めのオンラインカジノ一覧を見る




時差がなくて楽に行ける海外旅行

海外旅行に行く場合、アメリカやヨーロッパが多いでしょうが、時差ボケが大変です。
せっかく、バカンスに出かけても、到着した日から思いっきり遊べないのはちょっと悔しいですよね。
帰国した時も同じで、都内のホテルで1日静養してから自宅に戻る人もいるでしょう。

 

でも、時差がなくて魅力的な観光地があるんですよ。
それがシンガポールなんですよ。

 

 

シンガポールの時差は、日本の1時間遅れです。
韓国と同じなんです。

 

1時間の時差なら、時計の針を調整するだけです。

 

 

東西に移動すると、時差ボケの心配がありますが、南北に移動するのであれば時差の心配はいりません。

ただ、これがオーストラリアまで行ってしまうと、今度は日本と季節が逆なので体調が狂ってしまう心配をしなければいけないんですけどね。

 

 

 

シンガポールは、アジア地域だから最初から旅行先として考えていない人もいるかもしれません。
でも、一度行ってみると分かりますが、イギリス植民地だったころのイメージが色濃く残っています。

 

 

それだけではなく、高層ビルが立ち並ぶ「都市としての勢い」を感じさせる凄みも持っています。
でも、シンガポールの一番の魅力は、カジノです。

 

 

カジノがあるのはマリーナベイ・サンズとリゾートワールドセントーサの2か所だけですが、マカオなどと比較しても遜色がない規模のカジノです。

 

 

 

特に、マリーナベイ・サンズは55階建てのホテルですが、大きなカジノがあります。

リゾートワールドセントーサは、シンガポールのリゾートホテルみたいなものです。カジノだけじゃなくて、ユニバーサルスタジオとかもありますから、家族連れでも十分楽しめます。

 

 
中が広いので、1週間ずっといても飽きないスケールの大きさがあります。
彼女と二人で行くならマリーナベイ・サンズがおススメですが、家族連れならリゾートワールドセントーサの方がいいかもです。

ショッピングモールも完備されていますから、私のように買い物のしすぎに注意かもしれませんけどね。