Razor Sharkのスペック確率・スロット攻略

Razor Sharkとはオンラインカジノ限定のビデオスロットで開発会社はPUSH GAMING(プッシュゲーミング社)です。

縦4×横5リールの20ペイラインのスロットで非常に爆裂する機体で、配当が50000倍オーバーも可能な化け物級のスロットです。

Razor Sharkは、パッと見はどこかショボく見えるグラフィックデザインが海中をイメージして作られており、主にタイトル通り色々なサメが出てきて、スロットをしているかというよりはカジュアルなゲームをプレイしているような感覚で遊べます。

スロットで一攫千金を狙いたい方や、低掛け金でも一撃の高額配当を獲得したい方などにRazor Sharkは特におすすめの台です。

Razor Sharkがどういった台なのかスペック確率、ゲームフロー、演出、ステージなど解説していきます。

Razor Sharkのあるオンラインカジノ

 ベラジョンカジノ

 インターカジノ

 カジノシークレット

 ミスティーノ

 ギャンボラ

 ボンズカジノ

 

【Razor Sharkのスペック確率】

  • RTP(ペイアウト率):96.7%
  • シャークボーナス当選確率:約1/125
  • シャークボーナス期待出玉値:約45倍
  • ジャックポット機能:無し
  • オートスピン機能:有り
  • 高速スピン機能:無し
  • フリースピン購入機能:無し
  • ミステリースタック当選確率:1/60
  • ゴールデンシャーク当選確率(通常時):8%
  • ゴールデンシャーク当選確率(フリースピン中):6%

 

「Razor Sharkのベット幅」

ベット幅はオンラインカジノによって違いますが最低0.1~最大20までの間が平均的です。

Razor Sharkは、一度出始めると爆裂する台なので、ベット額の最大を低く設定するカジノが多いようです。オンラインカジノではドルやユーロなどの外貨で取引されるので0.1はドル計算で日本円約10円ほどです。

最低約10円、最大約2000円で1回転することができます

 

「Razor Shark最高獲得枚数の倍率」

最高獲得倍率は賭け額の50000倍になっています。

例えば1ドル1回転でゲームをプレイしていた場合、最高獲得倍率の50000倍獲得できたとしたら、約100円が約500万円という結構な額になる爆裂台です。

 

「Razor Shark 各絵柄の配当」

酸素ボンベ、カメラ、ダイビングゴーグル、ワカメ絵柄 3ライン:0.1倍 4ライン:0.5倍 5ライン:2.5倍(上記4つの絵柄の配当は同一)

 

青サメ絵柄 3ライン:0.4倍 4ライン:2倍 5ライン:5倍

緑サメ絵柄 3ライン:0.5倍 4ライン:2.5倍 5ライン:7.5倍

紫サメ絵柄 3ライン:1倍 4ライン:5倍 5ライン:20倍

オレンジサメ絵柄:3ライン:1.5倍 4ライン:7.5倍 5ライン:25倍

ワイルドサメ絵柄:3ライン2.5倍 4ライン:12.5倍 5ライン:50倍

 

【Razor Sharkのゲームフロー】

Razor Sharkはフリースピンとミステリースタックが高額配当の大きなカギになっています。フリースピンやミステリースタックについて解説します。

「スキャッター図柄」

Razor Sharkでは、BONUSと書かれた機雷絵柄が3つ停止すればシャークボーナスというフリースピンボーナス当選です。

BONUS中だと「+1」に変わり、ゲーム数の上乗せになります。

Razor Sharkのフリースピンの特徴としては1回転するごとに配当倍率がどんどん上がっていき当たった時に爆裂する事と、ラウンド数が固定されておらず条件を満たすと無限にフリースピンが続く所です。

 

Razor Sharkでフリースピンが続く条件はミステリースタック図柄が無くならないこと、つまりミステリースタックが1マスでもあればボーナスが終わらない特殊仕様です。

最初はミステリースタックが2リールと4リールの縦全リールにミステリースタックが配れている状態でスタートするので4ラウンドは確定になります。

ミステリースタックは通常時と同じように他のリールにも出現するのでミステリースタックを出せば出すほどラウンドが増えていき、更に配当倍率もラウンドが増えれば増えるほどどんどん上昇していきます。

 

機雷スキャッター絵柄がシャークボーナス中にも出現するのですがその場合はスキャッター絵柄が「+1」と書かれた絵柄に変更されてミステリースタックがあるリールを1つ上に押し上げてくれるので1ラウンド多くスピンをすることができます。

Razor Sharkで復活は無いのでリールからミステリースタックが無くなってしまうとフリースピン終了になります。

シャークボーナス中もゴールドシャークが出現します。

ゴールドシャークで出たマルチプレイヤーコインの倍率はフリースピンで上がった倍率には影響しないのでマルチプレイヤーコインで出た倍率分だけの配当になります。

ミステリースタックが出れば永遠にフリースピンは続きますが、その反面何も出なかった場合ほとんど配当が無かったり極端に少なかったりする場合が多いです。

Razor Sharkは、ツボにハマった時の一撃配当がとんでもないことになったりするのでとてもギャンブル性が強いフリースピンになっています。

 

 

 

「ミステリースタック(海藻)」

ミステリースタックとは、Razor Sharkの通常スピン中にいきなり縦5リールのいずれかに現れる海藻の絵柄です。

当選確率は1/60。

ミステリースタックは海藻の絵柄がランダムで通常の絵柄か、ゴールデンシャーク絵柄に変わります。

ミステリースタックが縦リールの一番上のリールに現れた場合、次にスピンすると一番上のリール+2番目のリールにミステリースタックが浸食されるようにそのリールに継続していきます。

継続中もランダムで図柄かゴールデンシャークに毎回変化していきます。

 

最終的に一番下のリールでミステリースタックが1つになると次スピンでそのリールのミステリースタックは終了になります。

例えば1リール、3リール、5リールでミステリースタックが埋まっていてワイルド絵柄が出て全絵柄が揃ったとしたらそれだけでかなり高い配当が出ます。

更にミステリースタック絵柄は無くなるまで続くのでフリースピン無しでも通常時で高額配当の可能性も十分あり得ます!

 

「ゴールデンシャーク」

ゴールデンシャークはミステリースタックで一定確率で出る金色のサメのコインのイラストの事で、ゴールデンシャークが出た場合レイザーフューチャー表示と呼ばれるモードになります。

このモードに入るとゴールデンシャークがある場所がリスピンしてマルチプレイヤーコインと呼ばれる倍率が書かれたコインかフリースピンボーナスに必要なスキャッター絵柄のどちらかが当選されます。

マルチプレイヤーコインに出てくる倍率は1.2.5.10.25.50.100.250.500.1000の倍率のコインがあります。

1.2.5の倍率は胴のコイン、10.25.50の倍率は銀コイン、100.250.500.1000の倍率のコインは金色のコインになっています。

例えば0.2ドルで賭けている場合、1000のマルチプレイヤーコインが出た場合200ドルを配当で受け取ることができます。

 

 

【Razor Sharkと他機種との違い】

Razor Sharkの他機種との違いは、比較的低掛け金でも高額配当の可能性があることです。

最大倍率が50000倍の4×5リールのスロットでは爆裂台になっています。

他の機種で低掛け金でプレイしても頑張っても数千倍にしかならないので0.2で3000倍になったとしても600なのに対してRazor Sharkで10000倍になった場合2000になるので普通に考えて恐ろしいです。

無限に倍率が上がり続けラウンド数に規定がないフリースピンも珍しいのでとても魅力的に感じます。

 

【Razor Sharkを実際にプレイして感じた事】

Razor Sharkを実際にプレイして感じたのは忍耐力が勝負だと感じました。

シャークボーナスに入る事が難しいので賭け額のバランス調整も必要なので初心者や未経験の方にとっては少し難しい台なのかなと思います。

しかし一撃の爆発力は半端じゃないのでとんでもない一撃爆発配当が見たい方にはRazor Sharkはおすすめです。

フリースピンボーナスでハマリが少なくて高継続率スロットを望む人ならハワイアンドリームのほうが良いかもしれません。

 ハワイアンドリームのスペック確率・実戦の様子

 

 

【高配当が出るときの挙動】

スロットで稼ぐコツとしては台の挙動をよく見る事です。色んなオカルトもありますが経験上爆裂配当が出る時のフリースピンが来る時には、高い配当の絵柄が揃い続ける状態の時にフリースピンを引きやすく、その場合に高配当のフリースピンを当選すると高額配当が出やすいと感じました。

なので台の挙動をよく見ながら低掛け金でBETし続けて「なんか高配当の絵柄が良く揃うなぁ」と感じたら掛け金を上げるやり方をするのをおすすめします。

「高配当を出すには」

Razor Sharkで高配当を出すにはシャークボーナスでミステリースタックをいかに継続できるかがポイントです。

シャークボーナス中にミステリースタックが出れば出るほど配当倍率は上がりますし、ゴールデンシャークで機雷スキャッター柄をバンバン揃えラウンド数を増やし、更にマルチプライヤーコインで倍率コインをどれだけ出せるかによってトータル配当が左右されるので見逃さないのが大切なポイントです。

Razor Sharkは体感フリースピンに当たる確率が低いので賭け額を調整するのがおすすめです。

できれば自分の持っている賭け額の100分の1でかける方法がおすすめです。

例えば100持っているのであれば0.1で掛ける方法です。

理由は低掛け金で掛け続けることによって持ち掛け金に減少を抑えることができるのと、回転数を増やすことによって当たりへの当選確率が上がるので大負けする確率も低くなるので熱くなって掛け金を上げてプレイするよりも安全なので低い掛け金で掛け続けることをおすすめします。

 

「ヤメ時を決める」

勝つためにはヤメ時をしっかりと定める事をおすすめします。

「これくらい勝ったらやめてこのくらい掛け金が減ったら終了にする」という設定をすることで勝った分の配当を保つことができる事と、掛け金を0にするリスクを回避できます。

あくまで確率の世界なので「負けた分を取り戻さなくては」や「そろそろ当たる気がするから回そう」など感情的になってしまうと負ける可能性をぐっと上げてしまい結局カジノ側のカモになってしまいます。

時の運というのがあるので掛け金が減ってしまっても0にさえしなければまた次の機会にプレイして大当たりする可能性もありますが、0の状態だとまた追加で投資をしてしまい結果として大当たりしてもトータルで考えると負けている状態になるので気を付けましょう

 

「Razor Sharkは結局勝てるのか?」

Razor Sharkが勝てるか勝てないかで言うと五分五分ですね。

フリースピンの波も激しいですし、ある程度回し続けなくてはいけないということもあるので多少なりとも増えた時にやめるのがローリスクローリターンに賭け額を増やせるのかもしれません。

フリースピンで元々かけていた賭け額よりも少し増えたもしくはその掛け金に少し負けているくらいの時にやめないでもっと増やしてやろうと延々と回し続けていても勝てる確率は低い気がします。

当たる確率は低いけど当たった時にとてもデカい高額配当がほしいという方におすすめです。

逆にローリスクローリターンでプレイしたい方にはあまりお勧めはできないかなという印象です。

Razor Sharkのあるオンラインカジノ

 ベラジョンカジノ

 インターカジノ

 カジノシークレット

 ミスティーノ

 ギャンボラ

 ボンズカジノ

 



トータルで唯一プラスになってるサイトです

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。特に通信費が掛かるってこともありません。また、インストール式ではなくブラウザ式なので、普通のサイトにアクセスするのと同じです。


スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。










【入金方法】
クレジットカードなら即時反映されるのですぐに遊べます。

日本のクレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

【勝利時の出金方法】
ベラジョンカジノなら銀行振込で送金してもらえるようになりました。



【いただいた質問】
●登録には免許など身分証が必要なのかと問合せがありましたが、カジノ自体では少額なら不要です。 決済方法がecoPaysなどならスムーズに換金できます。

●このカジノで15連敗するとか聞いたけど本当かって内容ですが、そんなのは海外のカジノで私も普通にありましたし、日常茶飯事に起こりえる話なので、追求したところで意味を成しません。


最初は無料お試しで遊べるので、まず雰囲気を感じ取ってからプレイされると良いかなと思います。

 まずは体験版から試してみる









また、上級者向けにハイクラスなカジノも教えています。
出金上限額がなくて即時で引き出せるカジノ、臨場感あるライブカジノ、本人確認不要のカジノなど、全国ですでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われています。
入出金がスムーズで、日本語対応していて、ストレス無くプレイできるオンラインカジノをミスターSが実践して厳選しました。

 ミスターSがこれまでに実践して確かめた優良オンラインカジノ一覧を見る




パチンコ VS オンラインカジノのスロットを比較・稼げるのはどっち?

オンラインカジノはネット環境さえあれば、誰もが気軽に楽しめるコンテンツであり、世界中にプレイヤーがいるため扱われている金額も高く、当たってしまえば100万円や1000万円も可能なので、短時間で一攫千金も夢ではありません。

一方、パチンコは日本ではかなりメジャーで、あちこちの街中にパチンコ屋さんが点々と存在するため、空き時間の暇つぶしに気軽に遊べる点では同じです。

パチンコとオンラインカジノ、それぞれには共通点や相違点が存在します。

今回は、パチンコとオンラインカジノにあるスロットで比較を行い、どちらがより優れているのかを確認していきます。

 優良オンラインカジノ一覧

 

【還元率を比較】

・パチンコの場合

パチンコとオンラインカジノのスロットを比較するうえで避けては通れないポイントが還元率の問題です。

お店の取り分が少なく、お客さんの取り分が多ければ、それだけお客さんは儲けやすくなります。

それが還元率です。

皆さんはパチンコの還元率をご存じでしょうか?

結論から述べると、悪くて80%、良くて90%近くとされています。

 

パチンコは競馬など公営ギャンブルのように、明確に還元率が設定されておらず、

  • 店によって違う
  • 換金率によって違う
  • メーカーによって違う
  • 機種によって違う

など条件が一律ではないため、おおよその数字しか出せないのが実情です。

パチンコの場合、景品交換率が還元率に大きく影響を与えます。

通常、パチンコで遊ぶ場合、1玉4円で玉を借ります。

1万発が出た場合には、4万円分のパチンコ玉を持っていることになり、これを特殊景品に交換します。

 

しかし、この特殊景品に交換をする際に、等価交換なのか、それとも非等価交換なのかで大きく変わります。

等価交換であれば4万円分のパチンコ玉はそのまま4万円の特殊景品となり、景品交換所で4万円にできます。

非等価交換になれば本来なら4万円分なのに、3万円、2万5000円の特殊景品にしかならない場合があります。

等価交換と非等価交換の違いだけで実際に手にできるお金に大きな違いが出ます。

非等価交換の時点で、還元率に悪影響が出ていることはいうまでもありません。

パチンコは「三店方式」というもので成り立っています。

パチンコ屋、景品交換所、景品問屋が連携し、パチンコ玉を現金にします。

パチンコ屋の店内で現金に換えるのは「賭博」にあたり、違法です。

ですが、特殊景品に換え、近くの景品交換所で特殊景品を買い取る形で現金化するのは違法とされません。

景品問屋はこの特殊景品を景品交換所から買い取って、パチンコ屋に卸します。

こうして三店方式は成り立つのです。

そのやり取りの中で非等価交換になり、非等価の割合の分だけパチンコ屋が儲かるようになっています。

 

・オンラインカジノの場合

一方、オンラインカジノのスロットの還元率は94%~98%とされています。

パチンコ屋さんは1日の売上が1000万円などとされますが

  • 土地代
  • 店舗代
  • スタッフ人件費
  • 機種の入れ替え代
  • メンテナンス代

など多くの経費が掛かっていて、案外手元には残らないです。

 

それに比べてオンラインカジノはインターネット上で済むので、

  • 土地は不要
  • 店舗も不要
  • お客さんがログインして勝手にプレイして入出金もされるので接客スタッフは特に不要
  • 機種は無限に増やせる
  • メンテナンスは頻繁に無い

なので大きな経費が掛からずに済んでいます。

つまり、それだけオンラインカジノ側はお客さんに還元できる余裕があるんですね。

 

それに、オンラインカジノではパチンコと違い、等価交換、非等価交換の概念がありません。

もし100ドル勝ったとすれば100ドルをそのまま交換できます。

カジノによっては、1日2回までは手数料が発生しないところもあります。

オンラインカジノでは出金の際に手数料がかかるケースがありますが、1日2回までならその心配が要らないということです。

 

ただ、電子ウォレット側での手数料や為替レートの問題で多少損が発生する場合もありますが、事前に見ておけば済む問題です。

それでも日本におけるパチンコの非等価交換で発生する損に比べれば可愛いものです。

 

オンラインカジノのスロットで還元率が変化するもう1つの要素はジャックポットの有無です。

世界中のプレイヤーの賭け金の一部がジャックポットに積み重なり、見事に引き当てた1人だけにドカンと数億円など大金が降り注ぎます。

積み立てられる分、1回1回のリターンは少なくなるため、還元率は下がります。

もし還元率の高いスロットをオンラインカジノで楽しむのであれば、ジャックポットがないもので遊ぶのがおすすめです。

 

・パチンコよりオンラインカジノなら大金が入りやすい

パチンコとオンラインカジノのスロットの還元率を比較してみると、全然違うことが分かりますね。

パチンコは1万円がせいぜい4万円、よほど運が良ければ10万円になる遊びです。

しかし、オンラインカジノのスロットは賭け金は自分でアップさせられるので、配当金も100万円以上が可能です。

ジャックポット狙いなら、1000万円、1億円も普通に起こってます。

しかも、パチンコのように非等価交換で本来100万円なのが80万円になるなんてこともないのです。

その点でも、パチンコよりオンラインカジノのスロットの方に魅力を感じます。

 

【時間効率の比較】

もう1つ大きな比較要素として、それは時間です。

オンラインカジノのスロットは24時間365日、いつでも営業しています。

しかし、パチンコの場合、都道府県によって営業時間が異なるものの、おおよその地域では午前10時~午後11時までです。

そしてパチンコが非情なのは、閉店時間まで大当たりが続いてもその時間で強制的に打ち切られる点にあります。

せっかく確変を引き、連チャンが今から始まるぞ!というタイミングで、閉店ですとスタッフに止められた人もいるでしょう。

昔は閉店保証なんかがあったようですが、今はありません。

なので、閉店1時間前までには撤退することになり、つまり最長で打てても12時間くらいですよね。

 

ところが、オンラインカジノのスロットは24時間365日いつでも稼働しており、大当たりが続いているのに打ち止めになることは絶対にないです。

時間が迫っているから打つのをやめてほしいと店員が出てくることもありません。

 

また、パチンコの場合は釘が悪いと回すこともできません。

1000円あたり20回なんて今どきあまり無いですよね。

下手したら500円で1回もヘソに入らずなんてことも。

オンラインカジノのスロットならレバーを押せば確実に回りますし、大当たりも短時間で終わりますが、1ゲームあたりの払い戻しが5万円10万円も可能なので、100万円分の出玉を出すのに15分くらいしか掛からないのもメリットです。

 優良オンラインカジノ一覧

 

【場所の比較】

なんといっても遊ぶ場所の違いもパチンコとオンラインカジノのスロットではだいぶ異なります。

パチンコでお金を稼ぐのなら、着替えて、車や電車で移動して、パチンコ屋に出向くしかありません。

大雨の中で行くのも大変ですし、女性なら化粧しないとなりませんし、面倒ですね。

せっかく苦労して店に辿り着いて打ち始めても、隣の人がガンガン台を殴る人だとか、足を組んで当たる人だとか、ガラが悪い人だとか、お座り1回転で当てられるとか、ストレスとの闘いでもありますよね。

 

しかも、これは甘いというパチンコ台があったとしても、絶対に遊べる保証はないです。

設置台数は限られ、入場の順番を決める抽選が行われるので、後ろの方になれば台を確保できない場合もあります。

出玉性能が高い台は多いですが、ライバルも多く、残されるのは出玉性能に乏しい台ばかりです。

だからこそ、パチンコで遊ぶ人の朝は早く、会社へ出勤するのと変わらない時間に目覚め、家を出ざるを得ないのです。

 

ところが、オンラインカジノのスロットに台を打てる人数制限はありません。

外出も不要で、パソコンもしくはスマホでログインして、スロットを選択して開始するまでに要する時間は3分くらいです。

面白いと思った台があればすぐさま始められ、思う存分楽しめます。

 

自宅ではもちろん、通勤通学の電車内でもオンラインカジノのスロットで遊べます。

電車の中でコッソリと10万円を稼ぐ、そんな非現実的なことが本当に現実で起こりえます。

 

【外出自粛での比較】

現在のようなコロナ禍では外出自粛になったり、パチンコ屋さんに行くだけでも家族や同僚から白い目で見られかねません。

不要不急だとか言われ、そもそも外出する以上多少なりともリスクは発生します。

自宅でオンラインカジノのスロットで稼げるのは新時代のギャンブルだと思いませんか?

オンラインカジノのスロットは自宅で完結できるので、ウィルスなどのリスクはまず発生しません。

それに、コロナ禍という点では、パチンコの釘が渋くなりやすい点も注目すべきでしょう。

本来、パチンコ屋で釘調整を行うのは法律で禁止されています。

これは、パチンコ台の検査を行い、合格した状態と同じでなければならないというルールがあるためです。

しかし、昔から今日に至るまでパチンコ屋では釘調整が行われています。

まっとうな理由として、釘のメンテナンスがあります。

釘に金属製の玉がぶつかり続ければ釘の角度にも影響が出ます。

これを是正するために釘調整を行うのですが、本来この目的でも違法です。

警察も取り締まりを強化し、時に逮捕者も出るくらいですが、結局黙認されているケースが多いです。

 

コロナ禍で経営が厳しく、少しでも回転させないようにしようとするのが経営者としての判断でしょう。

つまり、コロナ禍の中でパチンコを行おうとしても、損をする可能性が高いことが言えます。

オンラインカジノのスロットは、たとえコロナ禍でも渋ることは無いです。

逆にそんなことをすれば、せっかくのカジノのライセンスが剥奪されかねないでしょう。

オンラインカジノではキュラソーなど政府のライセンスで営業を行っています。

コロナ禍で稼ぎが減ったから少しいじって稼げるようにしよう、なんてことはできません。

コロナ禍だからこそ世界中でオンラインカジノを始めるプレイヤーが急増していて、人が多くなればそれだけ還元もされやすくなるので、むしろ今がチャンスですらありますね。

 

【店から貰えるサービスやボーナスの比較】

 登録でもらえるボーナスとは?

 

多くのオンラインカジノでは、初回登録の際に入金不要ボーナスが付与されます。

要するに、入金しなくてもカジノ内で遊べるお金をプレゼントしてくれるのです。

実際に出金するまでには少しハードルはあるものの、入金せずに現金を得られ、スロットを打って当たれば換金もできます。

 

これをパチンコに置き換えるなら、お店が入店時に1人1人のお客さんに3000円のパッキーカードなど現金を配って遊んでもらうようなものです。

こんなのパチンコ店じゃできるわけもなく、有りえないですよね。

普通に考えて損でしかなく、パチンコ屋からすれば得を感じにくいイベントでしょう。

イベント規制が無かった頃ならパチスロの設定6を打てる権利がもらえるとか、アンコウ札が刺されるとかありましたが、今どきのパチンコ屋が行っているボーナスやプレゼントなどはせいぜいドリンク1本とか、そんな程度ですよね。

 

【演出面の比較】

近年のパチンコではリーチが掛かって大当たり、もしくはハズレが確定するまでの演出が長くなっています。

20年前からパチンコを打っていた人は、年々演出が長くなることに怒りすら覚えるようです。

パチンコ演出が長くなる理由は射幸心を煽らないようとか、出玉を少しでも減らすための時間稼ぎなんだとか。

 

すぐに当たってラウンド消化がなされ、またあっさり当たれば、それだけ玉は出続けます。

これが、いちいち当たるのに時間がかかれば、それだけ玉が出る時間を削れるというわけです。

 

オンラインカジノのスロットでは、当たるときもハズレるときもあっさりしてます。

当たるまでに何分もかかるような演出はありません。

煽りが無いですね。

ジャグラーや沖スロみたいに光れば当たる感じのシンプルさです。

そのシンプルさなのに100万円の出玉が出てくるわけですから、むしろ脳汁が溢れると思います。

オンラインカジノのスロットはテンポが大事であり、テンポを乱す要素は結構な当たりの時でないと許されないでしょう。

サクサクと遊びたい人からしても、オンラインカジノのスロットの方が断然いいです。

パチンコで散々何分も煽り、出てくるのは1回500玉ぐらいで、時にハズレになることも。

激熱演出からのハズレほど脱力感、虚無感を感じさせるものはありません。

 

【パチンコとオンラインカジノのスロット比較まとめ】

今回はパチンコとオンラインカジノのスロットの比較でした。

気軽に遊べるパチンコですが、最近は規制やら射幸心の問題もあり、コロナで店も余裕が無くなり、釘も渋くなって以前ほどは勝てなくなっています。

オンラインカジノのスロットは短時間でも一攫千金が狙えるなど、常に勝てるチャンスが眠っています。

そして、移動の暇な時間や、寝る前のちょっとした時間で1万円勝負なんかができるのもオンラインカジノのいいところです。

スロットに飽きればテーブルゲームもあります。

入金不要ボーナスを出金させたいなら、スロットで何度か遊んでいれば可能になるのでやってみてください。

 優良オンラインカジノ一覧

 



this is default footer data
error: