カジノの起源・歴史を解説

殆どの日本人にとってはドラマや映画でしかカジノとは関係が無く、関係がある人でも海外に行った際に観光地として行った程度の人が多いのがカジノだと思います。

このカジノというのは元々イタリア語で「小さな家」を意味する言葉から来ています。これがなぜ賭博を行う場所をさすようになったのかというと面白い歴史があるので解説してみたいと思います。

 

 

元々は貴族の別荘だったカジノ

カジノの語源である「小さな家」というのは、貴族の別荘の事をさしています。

16世紀のイタリアの王侯貴族たちが別荘で客人を招いて開いたパーティーや社交クラブで酒や嗜好品、ダンスなどの遊び共にトランプを使ったギャンブルが提供されました。

これが文化の隆盛と共に広がり、カジノ=賭場という形で欧州各国に定着していく事になります。

 

 

市民に広まったキッカケはフランス革命

初期の時代においてカジノというのは「上流階級の社交場」と「賭博すきな庶民や無頼漢のたまり場」という二つの種類に分けられました。

前者は面子が大事な貴族社会ですから限度や依存症への対策というのが不文律として存在しており問題になりにくかったようです。

しかし後者は現代で言う所ギャンブル依存症や反社会勢力との関わりなど社会の風紀を乱している面もあった為厳しく取り締まられていました。

 

その規制が引き払われたのがフランス革命です。

フランス革命において貴族などの上流階級が倒され、一部の特権としてあった文化が庶民に解放されます。
その中にはカジノも含まれており、今まで厳しく取り締まりが行われていたカジノへの規制が殆ど取り払われました。

 

 

禁止から合法化して税金を取る方向へ

しかし規制が廃止されたからと言って依存症や反社会勢力との関わりがなくなったわけではなく、再度社会問題化したためナポレオンの時代になって再度規制がかけられますが、後に財政が厳しくなり、規制も緩和されていきます。

そして現代の「認可制にして税金を取る」という形が生まれ、これが世界的なスタンダートな形となっていき現在に至ります。

 

 

今にも残る社交クラブの名残り

このように、カジノというのは上流階級の社交クラブが起源であり、その影響は現代にも残っています。

例えば欧州のカジノというのは温泉などの保養地の近くに作られている物が多いのですが、これは上流階級の保養地として生まれたため法規制がそれに応じたものになっているからです。

 

他にもドレスコードや胴元の事を「ハウス」と呼ぶなど、元々社交クラブだったと頃の名残りがたくさん残っているので興味があるのであれば調べてみるのも面白いと思います。

 



カジノをするなら由来と歴史を知っとこう

カジノの始まりときっかけは、ヨーロッパ起源とされ、ルイ15世の時代にフランスにおいて、
カジノの元となる上流階級向けや庶民向けの賭博場が広まった。
今で言う、主にセレブ向けの娯楽ですね。

 

フランス革命によって王政が倒れると、
賭博に対する制限が無くなり更に流行したが、総裁政府の時代には賭博場を公認としてコントロールしつつ、
課税するようになった。

ナポレオンは賭博規制を行い、第三共和政の1907年に合法化されました。

 

 

その後、カジノは120ヶ国以上で合法化されており、国によって制限内容は大きく異なる。

世界では2000軒以上のカジノが存在し、観光資源の1つとして競争が行われています。

 

 

カジノゲームは、主に バカラ、ブラックジャック、ポーカーなどのトランプゲーム、そしてルーレットやサイコロゲームなどが有ります。

それぞれのゲームへ、お金(カジノ チップ)を賭けて勝負します。

いずれも最低賭け金が設定されてます。
国により異なりますが、ルーレットが一番安く賭けれます。

 

ルーレットはゲームにより300円~数億円を賭ける事もできます。

ゲームにより、勝った時の倍率が異なります。

マカオなどに行くと、1回100万円くらいでプレイしてる人も普通にゴロゴロいます。

 

 

カジノ施設は、ホテルの中にあったり、遊技場としてもあったりさまざまな形式です。

ホテルの中にあるカジノは、ホテル外観が、ネオンや装飾など派手な作りになってる場所も多く賑やかです。

 

お金を少しでも意識できる人は、カジノゲームは、この世で一番楽しい遊びだと、私は思います。

金欲の少ない方でも、ゲームにはまると、真っ直ぐに集中してしまうぐらいの強い欲求と刺激に囲まれてしまう感じです。

もはや自分との闘いです。

 

 

カジノという場、ゲームの賭け方、などを最初に考えて作った人は凄いですね。

発想とか思想とか。

カジノでは、最初に現金をチップへチェンジして賭けます。

チップだと、カジノ側が計算しやすく、賭ける側も計算しやすいからです。

 

というのも、現金を直接そのまま賭けるのは勇気がいりますが、チップだと脳がマヒしてしまい、現金だという認識が薄れてしまい、ついつい沢山賭けてしまいます。

(カジノが沢山のお金を賭けさせるためのの思惑ですね)

 

 

日本のパチンコ店でもそうなんですが、カジノ内は、時計が無いため、時間を忘れ夢中になってしまい、資金が尽きないと2日も3日も寝ずにゲームしてしまうこともよくあります

寝ることや食べることも忘れて集中する場合もあります。

ゲームセンターでのメダルゲームや、オンラインゲームなども同様だと思います。

何かのキッカケが無い限り、いつまでも遊び続けられてしまいますよね。

 

カジノは夢もあり、運次第で一発逆転の大金を掴む事もできます。

もともと「お金持ちの遊び・貴族の遊び」が始まりなのでお金の余裕、気持ちの余裕、資産の余裕、など余裕がある人が刺激を求める遊びですね。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。