豪華客船のカジノは合法なの?

海外の船には豪華客船から小規模なクルーズ船までカジノが併設されていることが多くあります。

船旅での移動は船の中で長時間過ごすという事で以下に利用者に飽きさせないかという事が重要であり、そのひとつの方法がカジノという娯楽を提供することなのです。

 

この影響を受けて日本で有名な豪華客船飛鳥Ⅱにもカジノが設置されているのですが、飛鳥Ⅱは日本国籍のためチップの換金などは行われていない一種のゲームセンターという形で運営しています。

 

一方で最近になってハウステンボスの子会社がカジノ船を運行し始めました。こちらは換金も可能な完全なカジノ船です。
この2つの違いは船籍の違いなのですが、その部分を詳しく解説してみたいと思います。

 

 

『公海上では船籍がある国の法律に従う』

 

そもそも海賊船などの一部例外を除けば、船はどこかの国に所属しています。
その代償として船の運行を行う人間は国に税金などを支払い、逆に国はその船を管理する必要に迫られるのです。

 

この「船がどこに所属しているのか」というのが船籍と呼ばれるものです。
そして基本的に公海上においては、船の中の法律は船籍がある国の法律に従うと国際条約で定められています。

 

そのため、賭博が禁止されている日本国籍の飛鳥Ⅱではどこであってもカジノを運用することができず、カジノ風の遊びという形で提供しているというわけです。

 

 

『領海と入港中は沿岸国の法律に従う』

領海と入港の際にはその沿岸国の法律に従うので日本に入港した船ではカジノは運用されていません。
ですが、領海をわたるだけの場合、船には「無害通航権」という権利が存在しており、沿岸国はこれを守る必要があります。

 

簡単にいえば「沿岸国に被害が及ぶ場合のみ沿岸国が自国の法律に従い取締りができる」というもので、カジノの運用はこれによって守られるという考え方もあります。

 

つまり日本の沿岸を海外船籍の船で進むだけ場合はカジノを運用できるという事です。

ただし例外規定として、沿岸国から出港して了解をでるまでは沿岸国の法律に従うというものがあるので、日本から出港した海外の船では公海にでるまでカジノは運用されていません。

 

 

『意外といい加減な「船籍」』

基本的にはこのように取り決めがおこなわれているのですが、ここで一つポイントとして「船籍」は意外といい加減な運行がされているという事があります。
というのも、小国などが税金を稼ぐために規制緩和を行い外国船を誘致しているためです。
そのため経費の削減や船員の規制を緩やかにするために、運行する側がそういった国に名前だけの会社を作り船籍を獲得するという事を行なっています。

 

TV等で「パナマ船籍」をよく聞くと思いますが、パナマもこれを行なっている国の一つで、こういった国のことを俗に便宜置籍船国とよびます。

 

ハウステンボスの子会社が長崎と上海の間で運用している「オーシャンローズ」もこの仕組みを利用したパナマ船籍であり、公海上でのカジノ船運用を可能としているのです。

 

 

『日本でもカジノ船がうまれる。かも?』

このように複雑な条約で船と船に設置されたカジノの規制が行われています。
この決まりに従うとどのように工夫しても日本では船にカジノが設置されることはありえません。

 

しかし現在行われている合法化が行われれば、船にカジノを設置することも可能となります。なので、もしかすると日本近海を遊覧しながらカジノで遊ぶ、という事が可能になる日が来るかもしれません。

 



『クイーン・メリー2』のカジノで50万円溶ける

(横浜港に停泊するクイーン・メリー2)

 

クルーズ船でカジノができればいいのですが、残念なことに日本の領海内や日本船籍の船ではカジノはできません。

できたとしてもお金を賭けない「カジノごっこ」です。

 

 

 

 

実際にお金を賭けるあの真剣さがないと、ギャンブルも人生も楽しくはありません。

以前「クイーン・メリー2」に乗船したとき、そこにはカジノがありました

そのカジノの名前も『エンパイア・カジノ』というのですが、クイーン・メリー2は外国籍なのでもちろんカジノを行なっても問題ない船です。

 

 

 

 

しかし、停泊中はカジノをすることはできません。

出港するとカジノができるようになるんです。

 

 

 

 

そのときは、明るいうちからカジノをする気にはなれず、昼間はシアターで映画を見たり運動をしたりしました。

夜も更けてきたころ、いよいよカジノの時間です。

 

 

 

 

 

色んな国籍の紳士淑女たちがカジノに集結します。

入ってすぐのところには、いきなりたくさんのスロットがお出迎え。

その奥にテーブルゲームがあるというレイアウトです。

 

 

 

 

 

日本人は言葉があまり得意ではなく、パチンコでスロットには慣れているのか、スロットに多くの日本人を見かけます。

ほんの25セントくらいから遊べますので気軽なギャンブルですね。

 

 

 

 

しかし、「それだったらパチンコ屋でもよくない?」と思う私は、スロットには目もくれずテーブルゲームへ。

ブラックジャックをやってました。

クルーズカードでいくらでも賭けに使うチップは買えるので、一晩で50万円ほどは溶かしたかな。。。

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。