どこに行っても楽しいシンガポール

私同様にカジノ好きの社長さんがいます。

家族でシンガポールに行くことが多いようですが、行動パターンは私と違います。

 

 

私は、基本的に彼女と同行しています。

オーチャードに行きたいと言えば一緒に行きます。

エステも二人で受けるのです。

 

 

 

そして、カジノも二人で行きます。

マリーナベイ・サンズでは、パイザ会員になっています。

 

 

ホテルから直接カジノに入れるので慌ただしさがありません。

彼女もVIP気取りで入れますからご機嫌です。

 

 

 

高級感溢れる個室でのプレイはカジノの醍醐味ではないでしょうか。

でも、家族連れの友達は、家族と別行動です。

 

 

 

社長がカジノで遊んでいる間に、家族はオーチャードで買い物三昧のようです。

そして、部屋に戻ると商売をするんじゃないかと思えるほどの荷物があるそうです。

 

 

 

家族は勝手に遊んでいるので、自分がカジノにのめり込んでいても文句を言われないようです。

シンガポールは、カジノがなくても遊ぶ場所はいっぱいです。

 

 

 

一度試してみたいのがシンガポールフライヤーです。

ただの観覧車じゃないかと言われそうですが、シンガポールを一望できます。

 

 

 

マリーナベイ・サンズからならもっと高い位置から見えます。

でも、観覧車の雰囲気って他では味わえないワクワク感があります。

 

 

 

彼女と二人での旅行ならおススメです。

オーチャードの買い物だけではなく、セントーサ島に行けば1年中常夏リゾートです。

 

セントーサ島は何度も行ったから飽きた人もいるかもしれません。

 

 

 

それならインドネシアのビンタン島がいいかもしれません。

セントーサに飽きたら、対岸のジョホールバルも人気があります。

 

 

 

国境を越えてマレーシアに行くわけですが、シンガポールとは違う「田舎感」があります。

アジアンチック満載の町並みが広がっています。

彼女がたまに行きたがります。

 

 

タクシーで行きますが、タクシーの中で出国手続きができるのはサービス満点ですね。

何かと人工的なものが多いシンガポールとは違う「生のアジア」を感じることができます。

 



『パリス・ラスベガス』でパリの雰囲気


パリス ラスベガス (トリップアドバイザー)
ラスベガスを代表するホテルの中に「パリス・ラスベガス」というホテルがありますが、ラスベガスの中心部に位置するストリップに建てられたこのホテルはその名のとおり「フランスのパリ」をイメージして建てられています。

 

 

フランスのパリを代表する建物として知られる「凱旋門」や「エッフェル塔」、「オペラ座」や「ルーブル美術館」が数分の一スケールで建てられたパリス・ラスベガスの外観はラスベガスを訪れる多くの人を魅了しています。

 

 

 

パリス・ラスベガスはカジノ付きラスベガスリゾートホテルとして有名ですが、本館の外観は「パリ市庁舎」をイメージして造られています。

 

 

 

また、駐車場の入り口は凱旋門、カジノ場のエレベーターからは2分の1スケールのエッフェル塔を模した展望台へと上ることが出来ます。

パリス・ラスベガスはラスベガス・ストリップ沿いにあるホテル&カジノの中でも特に個性的な外観のため、宿泊者以外にも連日多くの観光客が訪れます。

 

 

 

ホテル内には屋上プールや屋内モール、11件のレストランや5軒のバーが併設されています。

また、客室の内装はフランス式になっており、大理石のバスルームやペイパービュー映画、セーフティボックスなどが完備されています。

 

 

 

また、ホテル内にあるカジノにはスロットマシンやテーブルゲームのほか、併設されているシアターでは毎晩のようにショーが開催されています。

そのため、パリス・ラスベガスはカジノだけでなくショッピングやナイトライフを楽しみたい人にもオススメのリゾートホテルと言えます。また、パリス・ラスベガスの客室は1部屋に付き2匹までの犬を連れ込む事が出来ます。

 

 

 

 

・パリス・ラスベガスで楽しめるカジノ

 

 

パリス・ラスベガスのホテル内に設けられているカジノ場はパリ市内をイメージした雰囲気が漂っており、天井にはパリの青空に見立てたデザイン画が施されています。

 

 

また、パリの建造物が描かれた内装やエッフェル塔をイメージした柱など、カジノを楽しみながらパリの街並みを感じ取れる空間となっています。

パリス・ラスベガスのカジノ場ではラスベガスカジノの定番ゲームとして知られるブラックジャックや各種ポーカー、クラップスといったテーブルゲームやルーレット、ビデオスロットなど一般的なゲームが設置されています。

 

 

 

また、パリス・ラスベガスのカジノ場には各種ゲームフロア以外にもレストランやカフェ、バーやコンビニ、コンベンションセンターなども併設されているので、カジノ場のゲームに遊び疲れた時は気分転換にこれらの施設を気軽に利用することが出来ます。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。