『動画あり』武井壮がカジノで100万円勝負

武井壮さんが本場カジノに行って100万円の自腹で賭けています。

(ギャラで相殺なのでしょうけど・・・)

最初に100万円をチップにチェンジしたところから始まります。

 

 

1.ブラックジャック戦

3000円勝負。

『21』が出て勝利。プラス3000円。

勝ちを積み重ねてプラス40000円に。

 

 

その後、大勝ちを狙って95000円勝負。

ディーラーのバーストにて勝利。

 

 

投資5,000円。

回収196,000円。

 

 

2.バカラ戦

バカラで私はまずほとんど置かないタイ(引き分け)に5000円からスタート。

それはハズレで、次も同じようにタイ(引き分け)に1万円賭け。

なんて無茶な。。。

大勝ちしたときって、そういう気持ちになるのは分かりますけどね。

 

 

 

・・・って、当たってるし(汗)

タイ(引き分け)なので8倍戻しでプラス8万円。ありえない~

さらに、そのあともタイ(引き分け)で当たってるし。。。

 

 

ラストでバンカーに30万円賭け。

絞りもして、目は6。

 

 

対するプレイヤーは2枚で、目は3。

プレイヤー3枚目は9なので、目は2、となって武井壮の勝利

 

 

この時点で投資5,000円に対して、回収486,000円。

 

 

 

3.ルーレット戦

いきなり0にも賭けていきます。

んあっ!?

それで0が当たるんかい・・・はぁ~

 

 

トータルプラス70万円。

 

最後に、それを赤に一点賭け

 

 

 

 

・・・見事に当たり

 

プラス157万6000円。

 

 

 

そして、最後の大勝負に行くことに。

ルーレットで『0』と『00』と『1』に80万円ずつ賭け。

 

 

 

結果は、『0』・・・の隣の『2』。これでスッテンテンです。

最後はよくありがちな展開ですかね。

全体的に、まるで台本があるかのような展開っていう・・・

 

 

あまりテレビ番組でこういうカジノの遊戯って見ないし、一通りの展開も珍しい感じだったので、これはこれでわりと面白く見れました。

 



【動画】カジノ法案のこれまでを振り返る

【日本にカジノは必要か? 議論など】

もう10年以上前からカジノ構想は出ては消えてを繰り返しています。

 

ただ、2020年の東京オリンピックが決まってから風向きが変わったように思います。

 

2014年6月には安倍総理の成長戦略としてカジノ法案が審議入り。

 


2015年 橋下市長と大阪カジノ建設など。

 

長い年月で一進一退を繰り返しているように見えますが、今後どうなるのか注目しておきたいところです。

 

 



今すぐ遊べるバカラの実戦をしてみませんか?

casino

スマホ普及の影響で日本でもインターネットで遊べるカジノがいま流行し始めています。すでに数十万人のカジノファンが参加しているとも言われ、この数年で日本でもプレイヤーが増えていることは雑誌やニュースでも聞かれだしました!

 1000円から遊べるインターネット用カジノの入り口はこちらから!



ベラジョンカジノは海外運営で日本からでも遊べます。出金にはiWallet、ecopayzなどを使えます

クレジットカードが使えるということは、それだけ厳しい審査もパスした正規カジノだからです。

スマホでも遊べるポーカー、出玉の波の激しさが人気のスロットマシン、1ゲーム0.2ドルから遊べるブラックジャック、本物のディーラーとリアルタイムで対戦できるバカラ、などなど本物さながらのゲームをプレイすることができます。